睡眠薬通販 |睡眠不足で悩まないために   >   睡眠薬の種類について

睡眠薬の種類について

薬の有効成分について

睡眠薬は含まれる成分や作用時間によってさまざまな種類があり、不眠症の症状によって用いられる薬は異なります。

まず、主成分によって脳への作用が変わります。

・GABA受容体作動薬
バルビツール酸系、非ベンゾジアゼピン系、ベンゾジアゼピン系などに分けられる。脳の興奮や緊張状態を鎮めるGABAを活性化し、その鎮静・催眠作用によって入眠を促がす

・オレキシン受容体拮抗薬
脳の覚醒に作用するオレキシンの活動を抑制し、睡眠へと導く

・メラトニン受容体作動薬
体内時計を正常化することで陽が沈むと副交感神経が活性化し、夜に眠くなるように促がす

また、有効成分の血中濃度が半減するまでの時間・半減期を目安とした作用時間によっても分類されています。

・超短時間型/半減期2〜4時間
・短時間型/半減期6〜12時間
・中時間型/半減期12〜4時間
・長時間型/半減期24時間以上

成分と作用時間によって睡眠薬はカテゴライズされており、効果の強弱の参考にされます。
初期の不眠症や症状が比較的軽度の場合や、はじめて睡眠薬を使うという人にはメラトニン受容体作動薬を。副作用がほとんどなく、海外では体内時計を整えるためにサプリメント感覚で用いられている薬もあります。

超短時間型のGABA受容体作動薬も、睡眠薬ビギナーにはおすすめです。脳へ鎮静作用が働くので、精神的なストレスを抱えている場合にも効果的。半減期が短いので翌朝はスッキリと目覚められます。
早朝覚醒に悩んでいる人であれば、半減期が長めの薬を選ぶと効果が得られやすいでしょう。

このように、現れる症状や求めている効果によって用いられる睡眠薬はさまざまです。
薬の成り立ちについての知識を身につけておくと、睡眠薬を選ぶときや服用するときにも安心ですね。